SMD BIO TOILET バイオトイレ

環境技術実証事業 ETV 環境省 実施番号 030-1002

バイオの力で環境に
優しいこれからの
トイレユニット

大切な森を守り、海や川を汚さないトイレです。
給・排水施設を必要としないバイオトイレは、
様々な場所に設置できます。

SCROLL

SMDバイオトイレとは

“バイオトイレ”とは、微生物の力を利用して排泄物を処理するトイレです。排泄物は継続して処理され溜まることなく、汲み取りなどの後処理の負担が軽く自然環境にも配慮した自然循環型トイレとしても注目されています。

設置場所

■山、公園、離島 … 山小屋や、給・排水設備工事困難地域
■公共施設 … 自然災害時の非常用トイレ
■工事現場 … 工事現場などの仮設用トイレ
■海外 … インフラ整備の遅れている国

バイオの力で環境に優しい
これからのトイレユニット

各PDFダウンロード

INFORMATION

バイオトイレに関するお問い合せは

0948-22-2651

営業時間 8:30-17:00(平日)

お問い合せフォームはコチラ

SMDバイオトイレの特徴

●独自に開発したバイオチップ(微生物資材)を用いた屎尿処理方式です。
バイオチップには自社培養の微生物(土壌菌群)が混合されています。

●バイオチップや装置の工夫により排泄物の臭いは軽減されます。

●バイオチップは使用頻度にもよりますが年一回程度の交換が必要です。
取り出したバイオチップは、屎尿由来の肥料成分を含んだ土壌改良材として利用できます。

●水分はヒーターと排気装置によりほとんど蒸発します。

●排泄物は継続して微生物により比較的短時間で処理されるので衛生的です。

●排泄物は溜まりませんので汲み取りの必要はありません。

●トイレットペーパーの投入も可。(ティッシュペーパーは不可。)

1. 独自開発のバイオチップ使用

2. トイレ特有の臭いが軽減

3. 低ランニングコスト

4. タンク内の容量が増えない

5. 汲み取り不要

SMDバイオトイレの構造

バイオトイレのカタログ
ダウンロードはコチラ

PDFダウンロード

SMDバイオトイレの概要

 SMDバイオトイレは、微生物を利用してし尿を処理する装置です。
 SMDバイオトイレの撹拌槽内には、バイオチップ(処理能力50回/日の装置で、撹拌槽内に250~300L程度を入れます。)があり、便器から撹拌槽に直接投入されるし尿(トイレットペーパー含む)とバイオチップが、回転軸に取り付けられた撹拌羽根により撹拌混合されることで、バイオチップに含まれる土壌菌群や便中の腸内細菌、環境中の微生物の働きでし尿は分解し減容されます。
 バイオチップは、熱処理などを施した天然の杉材中心木チップに、自社で培養している微生物(土壌菌群)が適量混合されたもので、土壌菌群の優占種は、乳酸菌、放線菌、糸状菌、酵母などです。バイオチップの交換は使用頻度にもよりますが、通常年一回程度です。
 このトイレの特徴は、独自のバイオチップにありますが、「水を使わない」、「臭いがしない」、「汲み取りの必要がない」ことで、年一回交換して取り出したバイオチップは、し尿由来の肥料成分を含んだ土壌改良材として資源化できます。

月刊浄化槽9月号特集
ダウンロードはコチラ

実証試験
SMDバイオトイレ設置事例

環境技術実証事業 ETV 環境省 実施番号 030-1002

環境省実証試験の内容をご覧になりたい方はコチラ↑

【国内事例1】福智山

 実証試験は、福岡県北部に位置し、北九州市、直方市、福智町に跨る標高901mの福智山(ふくちやま、ふくちさん)で実施されました。福智山周辺は平尾台や皿倉山同様に北九州国定公園に含まれ、北九州市内で最高峰の山です。この福智山の九合目、標高850mにある避難小屋「荒宿荘」のバイオトイレ「山ぼうし庵」で実施されました。

トイレ建屋(山ぼうし庵)

トイレ室内

【国内事例2】英彦山

 耶馬日田彦山国定公園に指定されている英彦山は、毎年20万人を超える登山者が訪れていますが、SMDバイオトイレ設置までは登山道にトイレがなく、自然環境保全の面から、地元よりトイレの設置が求められていました。
 トイレは英彦山中岳休憩所建屋内にテーブルやイスが設置された休憩所、SMDバイオトイレ2基、制御室(制御室には緊急用の発電機1基が常備されています。)があり、建屋の屋根上には太陽光発電パネルが設置されています。

トイレ建屋周辺の航空写真

使用集中時(山開き)

トイレ室内

【国内事例3】清水山

 清水山は、地元の方々がウォーキング感覚で登れる山であり、女性も多くみられます。桜や紅葉の季節にはイベントもあり、多くの入山客でにぎわい、楽しまれている山です。

外観

トイレ室内

【国内事例4】本宮山セラピーロード

太陽光発電

建屋側面

トイレ室内

【国内事例5】屋久島

発電所

発電所地下設置 BASEMENT

【国内事例6】広島

外観

トイレ室内

【国内事例7】五ケ山ダム水源公園

外観

トイレ室内

海外事例

ベトナム

ベトナム

ベトナム

設置事例資料
ダウンロードはコチラ

バイオトイレに関するお問い合せは

0948-22-2651

営業時間 8:30-17:00(平日)

お問い合せフォームはコチラ

SMDバイオトイレの仕組み

バイオチップについて

微生物の力を利用して
排泄物の悪臭を抑え、
分解させる。

バイオチップ(菌床)

ST-1(土壌菌群)

バイオチップに使用している木チップは、杉材中心のものを使用しています。破砕された木チップは、篩にかけ大きさは均一化され、弊社のノウハウで何段階もの加工を施し、さらに雑菌処理を行っています。
(参考写真1:バイオチップ)
バイオチップに含まれる微生物は、自然界の有用な土壌菌群です。
その中で有効であったものを培養したものです。(参考写真2:ST-1)
弊社のバイオチップは、ST-1が活動するのに最適な環境になっており、消臭などについてもバイオチップに含まれる微生物をはじめ、木片、活性炭など複合的なものにより、さらに有効になってると考えます。
バイオチップ = 木チップ + 土壌菌群(適正な配合が必要!)
バイオトイレ稼働時のバイオチップの含水率は、約60%前後が微生物の活動に適しています。水分が多すぎると臭いの発生原因になり、乾燥状態が続くと、微生物の活動に影響を与えますので、注意が必要です。
バイオチップは、使用頻度にもよりますが、1年に1回程度取替が必要です。(使用頻度によります)

バイオトイレ開発者
【微生物先生】 故 島田 俊雄氏 : プロフィール

 島田先生は、平成22年10月に逝去されるまで、25年以上にわたって微生物の研究を続けた「微生物先生」。
 現在もその微生物が遠く中国の大地で活躍しています。微生物を使っての、やせた農地の改良、川や池の浄化、バイオトイレ(中国では500台以上設置済み)に取り組んできました。RKB毎日放送で“ムーブ2005”“桃とトイレと日本人”で紹介されました。中国の常州市において、第13位名誉市民賞や科学技術大賞も受賞されました。

商品価格表PDF
ダウンロードはコチラ

SMDバイオトイレのメンテナンス

SMDバイオトイレを快適にお使いいただくためには、メンテナンスが大事になります。点検マニュアルによる定期的な点検は当然ですが、お使いいただく方々の日々のトイレ清掃などのご協力も必要とします。弊社としましては、できるだけメンテナンス契約をお願いするようにしています。
メンテナンスでは、結構大変な場合もあります。例えば、設置場所が車で行けない山の上などになりますと、重量のあるものの交換や年一回のバイオチップの交換などです。バイオチップの交換の場合、交換する量が250Lで、15kg入りの袋が6~7袋になりますので、数人で分担して背負い山に登りますし、交換したバイオチップを持ち帰るケースもありますのでかなりの重労働です。なお、山の場合、現状のメンテナンスについては、行政や地域の山の会、自治会などとの事前の協力体制できており、スムーズな連携がとれています。

ダンボール製組み立て式
バイオトイレ(開発中)

ダンボール製組み立て式バイオトイレも開発中!バイオトイレ

SMDバイオトイレの今後について

国内においては、地震などの自然災害被災地における被災後2~3か月の間に必要とされる初期対応型のバイオトイレ(ダンボール製組み立て式(開発中))や高齢化社会における介護用バイオトイレの提案など、また、海外については、日本よりトイレ事情の悪い国が多く、問い合わせも多くなっています。それぞれの環境に合わせた提案ができるように努力して参りたいと思っています。

よくある質問

Q.

排泄物は溜まらないのですか?

A.

溜まりません。
排泄物のほとんどが水分であることから、水分減容のためにヒーターを装着しています。また、水分以外の固形分の有機物などについては微生物が分解の役割をはたしています。

Q.

トイレの臭いはどうですか?

A.

ほとんど臭いません。
バイオチップに使用している杉材の多孔質の性質が、アンモニアなどの臭いの原因物質を吸着消臭してくれます。また、装置的にも排気ファンにより臭いを屋外に排出するので室内はほとんど臭いません。

Q.

電源は必要ですか?

A.

100V或いは200V電源が必要です。
※電源確保については、太陽光発電システムなどの提案も差し上げています。

Q.

月当たりの電気料金はどれくらいですか?

A.

処理能力約40回~50回/日の装置で、約¥2,900-/月程度(負荷容量:ヒーター 400W、撹拌機 200W、排気ファン 16.5W、照明LED 7Wとして)です。尚、電気料金は使用頻度によって変わります。また、地域差もあります。

Q.

バイオチップの交換は必要ですか?

A.

使用頻度にもよりますが、年一回程度の交換が必要です。

Q.

使用済みバイオチップは有効利用できますか?

A.

使用済みのバイオチップには、窒素・リン酸・カリなどの肥料成分が含まれていますので土壌改良剤として利用できます。

Q.

バイオトイレ使用にあたって気をつけることは?

A.

便器清掃の際は、タンクに充填されているバイオチップには微生物が生息していますので微生物に影響を与えるような洗剤や薬品などは使用しないでください。

Q.

トイレットペーパーも処理されますか?

A.

水に溶ける水洗用トイレットペーパーなら使用可能です。テッシュペーパーは不可です。

バイオトイレに関するお問い合わせ

バイオトイレに関するお問い合わせはこちらのフォームからお願いします。
下記項目に入力後、下の「確認」ボタンをクリックし、確認画面へ進みます。
表示された内容に間違いがなければ「送信する」ボタンを押して下さい。( * は必須項目です。)

会社名・団体名 *
フリガナ *
ご担当者名 *
電話番号 *
FAX番号
メールアドレス *
1日の使用回数 *
 

回程度

1ヶ月の使用回数 *
 

回程度  ※平均の回数をご入力ください。

電源 *

  

設置場所住所 *
設置場所
2tユニック車運搬 *

  

お問い合わせ内容 *

内容をご確認の上、よろしければ「送信」ボタンを押してください。

会社名・団体名 *
フリガナ *
ご担当者名 *
電話番号 *
FAX番号
メールアドレス *
1日の使用回数 *

回程度
1ヶ月の使用回数 *

回程度
電源 *
設置場所住所 *
設置場所
2tユニック車運搬 *
お問い合わせ内容 *

お問合せありがとうございました。
ご入力いただいたメールアドレスへ確認メールを送信しています。
数日経っても返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合せください。

電気設備・販売品など様々なサービスがございます。

設備導入や商品のご購入に関する事など何でもお気軽にご相談ください。

☎ 0948-22-2651

営業時間 8:00-17:00(平日)

お問い合せフォームはコチラ▶


このページTOPに戻る↑